早い段階での対処

妊娠しにくくなる年代とは

女性の場合、いつまでも若いころのまま生殖機能が維持できるというわけではありません。年齢を重ねるごとにその機能は徐々に低下していきますし、場合によっては40代を境に極端に妊娠の確率が低くなるということもあるのです。 もちろん、すべての人がそうというわけではありませんが、年齢を重ねるごとに妊娠の可能性が低くなるということは科学的にも証明されています。そして、それは不妊治療においても同様です。年齢が高齢になればなるほど、不妊治療の成功率は低くなって行きます。そのため、最近では不妊治療を始めるのであればできるだけ早い段階、比較的生殖機能が正常に働いている年代のうちから始めていくのがベストといわれているのです。

体外受精の可能性について

とはいっても、高齢の人が妊娠できないのかといわれればそうではありません。中には40代でも不妊治療によって妊娠ができたという人もいます。そうした人の多くが行っている治療が体外受精という治療方法です。この体外受精、確率的には40パーセント前後の確率で妊娠できるといわれています。もちろん、人によってはこの確率も多少変動することがありますが、他の不妊治療に比べても効果が高いことから挑戦する人も最近多くなってきているのです。 ですが、この体外受精、費用は保険が適用されないのでどうしても高額になる傾向にあります。病院によって体外受精の費用は異なりますが、平均で50万前後の費用が必要になるといわれています。それも一回の治療でこれだけの料金なので、挑戦するにはある程度の覚悟と資金が必要になりそうです。